究極のセックスレス解消法

  • HOME
  • 夫婦の悩み(セックスレス)Q&A:セックスレスは拒否したほうが悪い?求めたほうが悪い?

夫婦の悩み(セックスレス)Q&Aセックスレスは拒否したほうが悪い?求めたほうが悪い?

セックスレスというと、自分が相手にセックスを求めても相手がのってこない、拒否されてしまうというイメージがあります。

もちろん、大まかに見れば間違いではないのですが、なんとなくこれだけを聞くと、自分はセックスをしたい、セックスレスを解消したいと努力しているのに、相手がセックスを嫌がっている、拒否するほうが悪いと思いがちです。

実際、セックスレスで悩んでいる人の多くは、自分は悪くない、求めているのに拒否するパートナーのほうに問題がある、と思いこんでいるのです。また人によっては、セックスに対して罪悪感があり、求めても拒否されたりすると、自分は淫乱だ、などと自己嫌悪に陥ってしまう方もいます。

では本当にセックスレスは拒否したほうが悪いのでしょうか、もしくは求めたほうが悪いのでしょうか。

これについては、どちらが悪いとは言い切れません。多くの人は拒否するほうが悪いと思うかも知れませんが、これも状況によって異なります。例えば、パートナーが仕事で疲れてへとへとになって帰ってきて、早く眠りたい、育児で疲れている上にろくに寝ていない、という状況でセックスを求められても、やはり拒否してしまうのではないでしょうか。こういう状況だと、相手のことを全然考えていないことになり、求めたほうが悪いかもしれません。

逆に、そういった相手のことを配慮して、タイミングを見計らって求めたのに、いつも拒否される、となれば、セックス自体したくない、相手が求めているのに拒否するのは相手の気持ちをわかっていないということになり、拒否したほうが悪いとなるでしょう。

ですので、セックスレスは求めたほう、拒否したほうどちらにも原因があるかもしれないのです。自分は悪くない、とは思わないようにすることがセックスレス解消にもつながるかもしれません。

香りでセックスレス解消
⇒私が試した究極のセックスレス解消法はこちら

PAGE TOP